本県教員の学びは教育研修センターから始まります~学び続ける教員を支援します~

 現在、学校教育の現場では、「令和の日本型学校教育」の実現を目指して、全ての子供たちの可能性を引き出す「個別最適な学び」と「協働的な学び」を一体的に充実し、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた学習への転換が図られています。
 このような教育改革を担う本県の教員に対して、「教員の資質の向上に関する指標」に基づいた教員のキャリアステージごとの「研修計画」を設定しております。
 教育研修センターは、学び続ける教員の「校内での学び」(On the Job Training)を支援し、「自己啓発」(Self Development)を促しながら、「校外での学び」(Off the Job Training)の実施主体として、茨城の教育を担う教員を育ててまいります。

【教員の資質の向上に関する指標に基づく研修体系】

 本県における教員の養成・採用・研修の一体的改革を進めます
 教員の養成のため、本県の公立学校教員を目指している大学生、大学院生並びに講師を対象とした「いばらき輝く教師塾Ⅰ期・Ⅱ期」を実施します。学校での教育活動に必要不可欠な資質・能力を身に付けるため、Ⅰ期では、集団づくりや学校体験を通して教員の魅力について学び、Ⅱ期では、授業づくり、キャリア教育、教員の働き方など現代の教育テーマについて実践を通して学びます。
 さらに、将来の茨城の教育を担う教員を確保するため、県内の大学との連携を積極的に進めています。特に、茨城大学教職大学院、常磐大学及び茨城キリスト教大学との連携では、双方からの人的交流の推進、それぞれがもつノウハウの有効活用により、教員養成段階の学びを育成指標に掲げる採用時の姿に高めるとともに、採用後の新規採用研修につなげていきます。

主体的・対話的で深い学びの授業づくりを支援します
 全ての校種の研修・研究において、「何ができるようになるか、何を学ぶか、どのように学ぶか」を意識させ、これからの時代を生きる子供たちに必要な「育成すべき資質・能力」を育む授業を展開できるように進めています。
 また、児童生徒の市民性を育成するために必要な資質と指導力の向上を図る「市民性を育む!シティズンシップ教育研修講座」、探究と創造のサイクルを生み出す分野横断的な学びの実践的な指導力の向上を図る「未来を創るSTEAM教育研修講座」、持続可能な社会の創り手となる人材を育成するために必要な資質と指導力の向上を図る「持続可能な社会を創る!SDGs研修講座」、児童生徒の日常の中に探究テーマとの出会いやヒントとなるきっかけを見出し、探究的な学びをデザインする「日常を探究にする研修講座」などの研修講座により、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善を進めてまいります。

学校と教育研修センターの一体化を図ります
 「教育は人なり」といわれるように、学校教育の成否は、教員の資質・能力に負うところが大きいと言われています。教育研修センターは、学校が抱える教育課題の解決や教員の資質・能力の向上を図るため、各学校で実施される校内研修に指導主事等を派遣する「研修支援事業」を推進し、学校と一体となって教員の学びを支援してまいります。

 その他、今年度も学び続ける教師像の確立を目指して、以下の事業を展開してまいります。

<研修に関する事業の重点方針>
次の五つの基本的な考え方に基づき、研修を実施してまいります。

①「キャリア教育の視点を踏まえた特別活動の充実」及び「学校におけるマネジメントの充実」を掲げ、「学び続ける教師」、「学び続ける学校」を支援していきます。また、関係大学、大学院との連携を図り、教員志願者の支援及びミドルリーダーの育成を図ります。

②「授業力」については、「茨城県公立の小学校等の校長及び教員の資質の向上に関する指標」をもとに、受講者の成長段階(キャリアステージ)に応じた「授業力」の向上及び授業改善を図り,児童生徒の確かな学力を育む教育の推進を支援します。

③「教育の情報化の推進」においては、教育の情報化の3観点をバランスよく取り入れた研修を行い、教育現場でその具現化が図れるよう努めます。共通教科「情報」においては、学習指導要領の趣旨を踏まえ、新しい科目「情報Ⅰ・Ⅱ」の円滑な実施に向けた、専門的な指導力の向上を図る研修を目指します。「産業教育の専門性の深化と活性化」については、社会の第一線で活躍できるプロフェッショナルを育成するための、専門的な指導力の向上を支援します。

④「児童生徒を理解し、指導する力」を着実に身に付けるために、児童生徒や保護者との信頼関係の構築や、学校内外の関係者と連携したチーム支援ができるなど、キャリアステージに応じた生徒指導に必要な資質・能力の向上を図ります。

⑤管理職をはじめとするすべての教職員が、特別支援教育の理念や発達障害等の特性及び支援方法等について理解し、幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じた指導や支援が行えるよう努めます。また、事例検討や関係機関との連携など、実際の勤務における場面を想定した課題解決型の実践的な研修を実施し、研修の充実を図ります。 

<教育研究に関する事業>
令和4年度は次の五つの研究主題で研究を進めてまいります。
①教職に関する研究「キャリア教育の視点を踏まえた特別活動の工夫改善

②教科に関する研究「学びに向かう力、人間性等を涵養する学習指導

③教育の情報化に関する研究「児童生徒の協働的に学ぶ力を育むICT活用の在り方

④教育相談に関する研究「学校いじめ防止基本方針が機能する組織づくり

⑤特別支援教育に関する研究「特別な教育的支援を必要とする児童生徒の道徳教育の在り方

※その他、所員個人による専門分野の研究

<教育相談に関する事業>
 カウンセリングや遊戯療法、行動観察や各種検査等を中心にきめ細かな相談を実施します。また、専門医による指導助言が必要と思われる子どもの相談対応を実施してまいります。

<教育情報の収集及び提供に関する事業>
 研修資料や動画、学習指導案などの最新情報をWebページに掲載するなど、学校教育活動に役立つ情報を提供してまいります。 

 教育研修センターが行う各種事業につきましては、Webページ上で迅速に皆様にお知らせします。また、各研修講座の講義資料等につきましては、Webページ上の「研修講座資料室」で随時提供してまいります。
 これからも所員全員が、学校を支える先生方を全力で応援してまいります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
令和4年4月 茨城県教育研修センター
所長 猪瀬 宝裕