長期研修について

1 趣旨
  長期間の研修を通して,より広い視野に立った教員としての資質能力の向上を図る。

2 研究に関すること
 (1)  研究の形態
     3か月長期研修生(仮説検証による実践的研究,事例研究,教材開発研究等)
      〇各教科に関する研究
      〇小学校における外国語活動に関する研究
      〇総合的な学習の時間に関する研究
      〇生徒指導に関する研究
     6か月長期研修生(事例研究,教材開発研究等)
      〇道徳に関する研究
      〇特別活動に関する研究
      〇教育課題に関する研究
      〇学級(ホームルーム)経営に関する研究
      〇教育相談に関する研究
      〇教育の情報化に関する研究
      〇特別支援教育に関する研究
  (2)  主な研究の種類
    〇仮説検証による実践的研究
      教育の内容や方法,指導の手立て等を工夫改善し,仮説を立てた上で,実践によってそれらの有用性を検
            証する。
    〇事例研究
     問題行動をとる子どもや障害のある子どもなどの個人について,多角的・多面的な資料からその因果関係
            や要因を究明するとともに,指導や支援の計画を立てその経過までをたどる。
    〇教材開発研究
      教育効果をより高めるために,授業等で使用する教材や教具等を開発,作成する。
  (3)  研究の進め方
    〇ガイダンス
      研究の進め方や,研究に関わる諸事項についての理解を深める。
    〇研究計画検討会
     研究計画を検討し,研究の方向を明確にする。
    〇研究計画発表会
     研究計画の発表を通して,検証方法等を検討し,研究計画を確立する。
    〇現地研修
     研究計画に基づき,授業研究等を行う。
      ・ 3か月長期研修生・・・ 7 日間
      ・ 6か月長期研修生・・・10日間
    〇中間検討会
     現地研修での課題を検討し,研究の方向性の適正化を期する。(6か月長期研修生のみ)
    〇研究内容検討会
     研究内容を検討し,まとめの充実を期する。
    〇研究発表会
     研究の成果と課題を発表し,研究の発展を期する。
     なお,発表会資料については,3か月長期研修生はA4判10ページ,6か月長期研修生はA4判14ページ
            の資料を作成する。

3 研修に関すること
  (1)  講話
    教育研修センター主査講話・・・教育研修センター主査から,本県教育についての講話を受ける。
  (2)  長期研修ゼミナール
    教育研修センター所長等から,教育の理論と実践との結び付きに関する講義等を受ける。
  (3)  講座聴講
    研修期間中に実施される研修講座の講義を聴講し,教員としての識見を高める。聴講は希望とし,講座聴講
        計画を立てる。
  (4)  宿泊研修
    宿泊を通して,教育に関しての情報交換を図ることにより,相互の親睦を深める。
  (5)  所外研修
    教育関連施設等を訪問し,教員としての識見を高める。
  (6)  その他
    その他,必要と認められる研修を行う。

 問い合わせ先
 茨城県教育研修センター ℡ 0296-78-2121(代表)
                      教職教育課   ℡ 0296-78-3212(直通)
 
 
Copyright 2015 茨城県教育研修センター All Rights Reserved.