教科教育課新着情報

教科教育課[根記事一覧]
12

2020/02/26 08:23:49(0票)

.
2月14日から21日にかけて,中堅教諭等〔前期〕資質向上研修講座の小中高の各校種で,課題研究の発表を行いました。約8ヶ月にわたり取り組んだ成果を動画や画像,作品を交えて具体的に紹介したり,授業に使用した掲示物を見合ったりしながら手立ての共有を図りました。発表後の振り返りでは,「これまでの授業を改めて見直すことができ,さらに授業改善を図りたい。」など前向きな姿勢が感じられました。

2020/01/24 17:32:19(1票)

.
理科活用
 小・中学校の理科教員を対象に「理科における知識や技能を『活用』する力を高める指導力向上研修講座第2日」を1月15日(水)に実施しました。今回の研修では,8月5日の研修で作成した授業展開案と評価問題を基に二学期に授業を実施し,その成果と課題の報告を行いました。演習・研究協議では,授業中の児童生徒の様子が,プレゼンテーションや写真,ワークシートで紹介され,成果や課題について分かりやすい発表が多く見られました。また,受講者同士で意見交換を行い,授業展開案や評価問題をさらに見直し,改善を図りました。受講者からは,「『活用』する力を高めるために既習内容を意識させることを9月以降行ってきて,子供たちの考える力や意欲が高まったような気がする。教師として自分の力を高めるために研修が大切であることを改めて実感できた。」,「授業のことは今までも考える機会はあったが,作問について考える機会やきっかけはあまりなかったので,本講座を通して考えることができた。」などの感想が寄せられ,充実した研修が行われました。

2020/01/14 08:55:03(0票)

.
 令和元年度研究発表会の様子が茨城新聞に掲載されました。年度末までに研究報告書が当教育研修センターのウェブサイトに掲載されます。また,過去の研究報告書も掲載されています(ウェブサイト左側メニュー「研究」→「研究報告書」)。併せてご活用いただければ幸いです。令和2年度の研究発表会は2月18日(木)~25(木)で開催する予定です。またお会いできることを,職員一同,心待ちにしております。お越しいただきました皆さま,本当にありがとうございました。

2020/01/24 17:28:31(0票)

.
2年次研修の様子
 1月17日(金)に若手教員〔2年次〕研修講座(中学校・教科)第2日を実施しました。
 「学習指導上の課題」について,RPDCAサイクルで実践研究を行い,成果と課題について報告を行いました。受講者は,2年次の学習指導上の課題である「興味・関心を高める導入と主体的に取り組める学習問題(学習課題)の設定,課題を解決させるための適切な言語活動の設定」を意識して授業に取り組みました。
 受講者は,生徒が学びたい,解決したいと思えるような学習課題の提示や,ICT機器を活用した導入の工夫,グループワークで自分の考えを分かりやすく表出するための話合い活動の工夫などの手立てを講じた実践を発表しました。
 受講者の振り返りでは,「研究協議で,効果的な実践を聞くことができ,自分の学習指導の幅を広げることができた。」,「今回学んだジグソー法やMD法などの授業スタイルを考え,子供たちによりよい授業を行いたい。」などの感想が寄せられ,充実した研修が行われました。

2019/12/27 10:55:52(1票)


 12月26日(木)に,教科に関する研究の外国語活動・外国語部会を実施しました。参加者数は過去最多の140名でした。研究主題は「単元を通して資質・能力を育てる学習指導の在り方」です。
 午前は,小学校,中学校,高等学校の各1名ずつの研究協力員が,4回の研究協議会と研究授業を経て得られた成果と課題を発表しました。具体的には,育成する資質・能力や評価規準を単元ごとに記述したり,言語活動を基本に関連単元を精査して一覧表化したり,「本時埋め込み型」の単元指導計画を作成したり,年間指導計画に五つの技能領域・言語活動・育成する資質・能力と評価計画を一体化したりする試みを紹介しました。
 午後は,担当授業の教科書を使いながら,研修テーマの自校化を図りました。最後に,国立教育政策研究所教育課程調査官である山田誠志先生から,「単元を通して資質・能力を育てる学習指導と評価」についてのご講義をいただきました。講義は体験型・双方向型で,受講者の多くのうなずき声が聞こえてきました。
 年度末に,当センターのホームページに,研究報告書がアップされます。ぜひご活用ください。ご参加いただいた皆さま,ありがとうございました。


12

 
Copyright 2015 茨城県教育研修センター All Rights Reserved.